投稿

1月, 2020の投稿を表示しています

封書が多かった時代に買ったナイフ。今でも便利に使えているのだけど、最近隙間なく接着されてる封書がチラホラあってメンドイ

イメージ
via Instagram https://ift.tt/2vwi3XY

2020年もあっという間に1か月

イメージ

暖冬ですがインフルエンザから新型肺炎まで落ち着かない年明けとなりました。先週末の雨も珍しいほど大雨でしたが雪にならず、今年の都心は積雪無しになりそうです。といいつつ2月の1週目も結構積もりますが。

新大久保や百人町というと、世間一般的には韓流ブームからの韓国系のお店というイメージが強いでしょうし実際多いのですが、この数年は中東アジアの方が多く活動するようになりハラルフードの取扱店もあちこちに。

送金や通貨の都合なのか(詳しくは語らない)キャッシュレス決済対応が鬼のようで、近所のお店の決済ステッカーがこんな感じになってました。派手目の店舗装飾を好まれるのもあり、もらったの全部!張った!って感じですね。

最近寄ることが減った新宿駅。ホーム移動したり階段エスカレータが移動したりと最短経路の最適化が常に必要です。今の主な工事は東西通路関連ですね。
南口が落ち着いたと思ったらコレで相変わらず雑然としてました。

unihertz Titanの通話時ブラックアウト問題はキャリブレーションで解決

イメージ
通話時に画面がブラックアウトし操作できなくなる件、ファームウェアアップデート時にフロント近接センサーの校正情報がクリアされるのが原因のようす。

再調整すれば解決出来ます。※facebookのサポートより
通話画面から*#3377#をプッシュ

距離校正をタップ
上の画面では何もせずにSTARTをタップ。

この画面で本体上部のセンサー部分を覆いNEXTをタップ。 数秒待ちます。

次の画面では覆いを数センチ(2~3センチ)浮かせてNEXTをタップ 数秒待ちます。

この画面で覆いを近づけたり離したりし、画面の明るさが変わればOKです。
androidは通話アプリから開く隠しコマンドが色々あります。*#*#4636#*#*や*#*#7378423#*#*、もしくは*#06#*がありますが、今回の3377はunihertzの独自コマンドのようですね。

unihertz Titanで通話時に画面が消える問題の対処

イメージ
新ファームウェアにしてから通話時に画面が真っ黒になるバグが発生しています。

格安SIM各社の割引通話アプリでも同じ現象が発生するので根本的なOSの問題でしょう。
アンドロイドに限らず、顔にスマホをつけた状態で通話をした際に画面を消す機能があるので、この部分の処理に間違いがあったと思われます。センサー併用で切り替えるのが正しい動きです。
今の状態だとこちらから電話を切ることが出来ないので困りますが、とりあえずの対処として、電源ボタンをオフフックにする設定がありますので、これで凌ぐのがベターです。


現在春節でメーカもお休みでしょうから、対応まで少し時間かかるのを覚悟しておいたほうが良いと思います。
追伸:ブルートゥースヘッドセットで通話したところ画面は消えませんでした。

追伸:再キャリブレーションで解決しました→ unihertz Titanの通話時ブラックアウト問題はキャリブレーションで解決

unihertz Titanユーザ必須の AquaMozc for Titanがリリース

イメージ
MozcをTitan用にビルドしたAquaMozc for Titanがリリースされました。

Playストア AquaMozc for Titan
先日β版の記事をポストしましたが、購入の際はアンインストールをしてからPlayストアから購入しましょう。
ダウンロードも順調みたいで、うれしい限りです。

よっしゃ。Google PlayのWeb検索でちゃんと出てくるようになった。Titanから検索してもトップに出てくる。ついでに、有料アプリ総合6位(瞬間最大風速)だ! pic.twitter.com/c9mAIsbQ43 — Jiro@Jota+/AquaMozc開発 (@jiro_aqua) January 25, 2020

昨今のアプリとしてはそこそこなお値段ですが、Titan特化なアプリですし現在の日本ユーザが全員購入しても大した数ではありません。にもかかわらずBlackBerry含めリリースしてくださるのは感謝しかないです。
使い方はヘルプを見てもらえれば十分と思いますが、簡単な使い方を。 日本語・英語の切り替えはalt+スペースShiftキーはControl扱いになるので、画面のシフトキーを使うShiftキーを使い+Cや+vなどが利用可能Altキー長押しで仮想キーボードの表示非表示切り替え これでテキスト系はばっちりですね。
最近毎日持ち歩いてますので傷ガードとしてスキンシールを購入しました。GEMINI PDAの時は自作でしたがPDA工房から3Mのダイノックシートを使ったもの(と思われる)が出ていたのでそちらを購入。

Amazon:スキンシール Unihertz Titan 【カーボン調・ブラック】 https://www.amazon.co.jp/gp/product/B083NXG9DZ
PDA工房さんは少量多品種、クラウドファンディングな機種の対応もやってくれるのでほんと助かります。

microSDまでの流れ。

イメージ
via Instagram https://ift.tt/2TQQumi

AquaMozc for Titanはunihertz Titanを完璧に仕上げる期待感

イメージ
unihertz Titanはハードウェアキーボード内臓で正方形ディスプレイという特殊な端末なので、変換アプリもしっくりくるものが少ないのが現状です。


標準ではカスタマイズされた日本語変換対応のKika-Keyboardが入ってますが、英数モード時に先頭自動大文字を解除できず、ID入力が困難だったり非常に使いにくかったりします。
有名どこですとGoogle日本語入力がありますが、仮装キーボード非表示時に変換無変換の切替が出来なかったり、英数モードでは仮装キーボードが表示されるなどイマイチです。
そうしたところBlackBerry系で有名なAquaMozcがβ版をリリース(2020年1月末までの利用制限)されていたので、もう期限近いですがインストールしてみました。結論から言うと、正規版が出たら速攻購入しなくてはならないレベルです。
注意点:現在AquaMozc for TitanはβリリースでDeployGate経由でのインストールとなります。DeployGate自体はPlay Storeでリリースされているものですが、このアプリからのインストールとなりますのでPlay Storeの認証が通ったアプリケーションではありません。そのリスクを確認した上で使ってください。

PlayストアからDeployGateをインストールします。
PCや他のスマホでAquaMozc for TitanのQRコードを表示します。ページの下部にあります。
https://dply.me/bq5iso





DeployGateを起動しQRコードを読みよるから先ほど表示したQRコードを読み取ります。

アプリのインストールで警告が出ますので、同意を選択。 その後インストールに際して、インストールを選択したり設定を許可したり。






インストールが完了。












後はキーボードを管理から有効化すれば完了です。
日本語・英語の切り替えはalt+スペースとなります。altキー長押しで仮想キーボードが表示されます。



いつもの

イメージ
via Instagram https://ift.tt/2G55bKA

天気も悪いんで引きこもりパスタ

イメージ
via Instagram https://ift.tt/30HzaSt

新年のご挨拶

イメージ

新年あけまして、いきなり深夜に揺れたりしましたが何事もなくグダッています。本日は毎度の靖国神社へ初詣。三が日最終日だと適当な時間に行けばそこまで混雑もなくお参りできます。もしくは元旦早朝とか。今年の絵馬はこんな感じ。

数年前から靖国神社は屋台制限を進めていてみたままつりではなくなりましたが、元旦は多少出てます。今年は一人で参拝したのでお守り納めて、今年のお守り買って、舞台をぶらっと見て終了です。


今年の冬休みはカレンダーで9日間もあるわけですが、近年の夏季休暇は分散してとることが多いので「超久しぶりの長い休み??」と思ったのですが、元号変わるときも9連休でしたね。昨年は。

今年はオリンピックの都合で体育の日がずれたり、今上陛下の誕生日が2月ですので2月の休みが増えたりと中長期のスケジュール(営業日的な)を立てるときは少し注意が必要になるでしょうか。

日曜日は新宿とか出てなんか買い物かなぁで冬休みは終わりそうです。

初詣完

イメージ
via Instagram https://ift.tt/36oj1TO